NEW ARRIVAL "TENDER CO. AW17"
8/23/2017

NEW ARRIVAL "TENDER CO. AW17"


埼玉県民として嬉しいニュースばかりです。

そんな本日は、 "TENDER Co." のAW17シーズンの新作をご紹介いたします。

早速ですが、ご覧ください。





BARBER STRIPE (RINSED WOOL-COTTON) / 39,000YEN (EX-TAX)



今季(AW17)を象徴する「"440" FOLDED POCKET SHIRT(JACKET)」

前身頃の裾を折り返すことでフロントポケットにしてしまうという、デザイナー・ウィリアムのマニアックな着想からパターンワークされています。

この大きなフロントポケット、俯瞰するとデザインとして見ても面白いし、丁度いい位置に手を収めておけるので実用的でもあります。もちろん収納面を見ても有能。

折り返した生地の端には真鍮のリベットが打ち込まれます。

ちなみに今季の上物は、こちらの「"440" FOLDED POCKET SHIRT」を生地違いで2型、やや厚手の生地を採用した「"440" FOLDED POCKET JACKET」を2型の、計4型オーダーしております。











「BARBER STRIPE」は名前の通り、理髪店にあるバーバーポールにインスパイアされたストライプ幅の生地。ウール50%のコットン50%です。

バーバーストライプの色である「赤・白・青」の糸と無染色のRow Cottonを撚り、この3色が混ざり合うことで独特なメランジェ感を放つ生地に仕上がっています。

「RINSED」=洗いのかけられている製品を指しますが、ウールコットンのしっとりとした質感と、キャリコとまでは行きませんが古紙っぽい雰囲気すら兼ね備えた生地感。

また、ボタンに黒蝶貝を使っているところもポイント。ボタンのひとつひとつにムラがあり、独特なツヤ光がアクセントとなってムーディーな仕上がりを助長していますね。


AWNING STRIPE (RINSED WOOL-COTTON) / 39,000YEN (EX-TAX)



ストライプと表現するには少し戸惑いそうなくらい太いピッチですが、こちらは「AWNING STRIPE」といい、「BARBER STRIPE」と並び今季のメインファブリク。

ウール×コットンの生地で、質感や肌触りは適度に「BARBER STRIPE」と似寄りな仕上がりです。

白地にRow Cottn、ネイビー部にウールを使用するというテンダーらしいアプローチ。

「BARBER STRIPE」と「AWNING STRIPE」に関しては「FOLDED POCKET SHIRT」と名前の通りシャツ程度の重みなので、秋口にはシャツジャケットとして、冬場にはジャケットのインナー使いに適しています。













それぞれ生地を紡ぎ合わせているため、個体差があります。

先ほどがパターンAとすると、こちらはパターンB。

大まかに言えば生地の配色が真逆になっていたりストライプ幅が異なっていたり。

若干の個体差がありますが、パターンA・Bでそれぞれサイズ3・4でご用意しております。

テンダーらしさと言いますか、ひとつとして同じものが存在しないっていう面ではテンダーならではの醍醐味だと思います。

店頭で手に取って確かめてみて下さい。



TRICOLORE (RINSED COTTON CANVAS) / 50,000YEN (EX-TAX)



厚手のコットン100% キャンバス生地は「TRICOLORE」

「BARBER」と「AWNING」がシャツクラスならば、「TRICOLORE」は「FOLDED POCKET JACKET」と、こちらもジャケットと冠された通りジャケットの要領で羽織っていただけます。

「赤・白・青」のバーバーストライプと同色の糸使いですが、こちらはよりざっくりと糸を紡いでいるんで、パキッとした色合いになります。

ご紹介した3型のなかでは、もっともタフな生地感。









RINSED DENIM MOLLETON / 52,000YEN (EX-TAX)



最後はお墨付きの「RINSED DENIM」をあしらった「"440" FOLDED POCKET JACKET」

モレトン加工が施されているため生地に独特な起毛感があり、秋冬シーズンの着用イメージに合致しやすい生地セレクトです。

折り返したポケットの蓋部分がデニムの裏地となっており、他の型とはまた異なった趣がありますね。

近シーズンではお馴染みとなっているデニムジャケットですが、過去にリリースされなかった期間もございますので、興味を持っていただけたら是非。









今季のシャツ・ジャケット類は以上の4型となります。

最後にサイズ感に関して。

生地によって大きく異なるのですが、身幅の広さと太っいアームは健在です。

袖丈が9分丈ほどに採られているため、かえってそれらのバランスが絶妙なサイジングとなっているのですが、従来のシャツ類とは異なるサイズ感ですので、まずはお試しいただくことをオススメします。

「AWNING STRIPE」の際に触れましたが、サイズ展開は「3・4」

ONLINE STORE に本日ご紹介した4型すべて実寸含めて掲載しておりますので、気になりましたら、ご覧になってください。


それでは、皆さまのご来店をお待ちしております。


MAIDENS SHOP  田中




【DICKIES 1922 / PALMER TRADING COMPANY ARCHIVE COLLECTION@MAIDENS SHOP】
・開催日時
2017年8月19日(土)~8月27日(日) 12:00~20:00
・場所
MAIDENS SHOP
東京都渋谷区神宮前2-19-12 1F
03-5410-6686
MAIDEN COMPANY Ltd. Powered by Blogger.