"ANDERSEN-ANDERSEN ~2年着用~"
2/11/2014

"ANDERSEN-ANDERSEN ~2年着用~"

東京は今日も寒いです。

この寒さが続くなら、雪もまだまだ融けずに残りそうです。

でも、これくらいの寒さのがこのイベントは楽しめそうです。

次の冬に何を着るか。

やはり寒い時に着る服は寒い時に選ぶ方が、選び甲斐があります。
























今週末に迫ったANDERSEN-ANDERSENの"2014 FALL&WINTER PRE ORDER EXHIBITION"。

イベントの詳細はBLOGで確認して頂くとして、

今日は個人的にとても思い入れの強い1枚の"ANDERSEN-ANDERSEN"のニットを紹介します。





































なぜこの1枚に強い思い入れがあるのか。

その答えは驚くほどに、シンプルで明確です。

私物だから。

一昨年に購入したANDERSEN-ANDERSENのタートルネックセーター。

まだこのブランドがデンマーク製だった頃の1枚です。

形は同じですが、この頃のは驚くほどに生地が硬かった。

イタリア製の現在も他のニットに比べれば厚手で硬さもありますが、

この頃のはその倍は硬かった(※別府比)。

その硬さゆえ最初の頃は首が窮屈で、店を閉めるとすぐに脱いでいました。

基本、ニットは手洗いです。

でも柔らかくするために、洗濯機にブチ込んで柔軟剤と一緒に何度も洗ってやりました。

基本、ニットは平干しです。

でも柔らかくするために、ハンガーに吊るして干してやりました。何度も何度も。

基本、ニットは畳んで保管です。

でも柔らかくするためにハンガーに吊るして保管してやりました。Night and Day。

その結果、いまでは私の身体に馴染んだ冬に欠かせない相棒へと変わってゆきました。

ただ乱暴に扱った結果、

ネック部分が短くなり、折り返すとカッコ悪いという代償も負ってしまいました。

でも、それも含めて気に入ってます。

LIKEからLOVEへ的な。




































購入時に比べれば生地もだいぶ荒れてきてはいますが、

2年間ヘビーに着てもなお、目立った毛玉なし。

肌が強いです。




































乱雑に扱った結果、

品質表示も薄れて見えなくなりつつあります。

ただ、今さら品質表示通りに取り扱うこともないので特に問題もありません。

散々乱雑には扱ってきましたが、

購入以来、貫いてきた信念があります。

品質タグが左に来るように着る。

前と後ろがないデザインなので本来はどちらでもいいのですが、

これだけは勝手に貫いてます。

結果、少しだけ前後で形に違いがでてきたような気がしています(※別府比)。

よく10年選手とか、10年着れる服なんて言いますが、

ANDERSEN-ANDERSENがそれに該当するかはまだよく分かりません。

でも、今現在3年選手は固いと見ています。

しかも、1軍起用の中6日登板。

計算できる選手ってやつですね。

そして今週末も登板予定。

このニットで、今週末は皆様をお待ちしております。


Beppu

MAIDEN COMPANY Ltd. Powered by Blogger.