NEW ARRIVAL "ZED"
10/03/2017

NEW ARRIVAL "ZED"



本日は今シーズンより取り扱いをスタートしたブランド“ZED”の商品をご紹介します。

ZEDはアメリカのシアトルを拠点にスタートしたブランド。
デザイナーのTyは元々ヴィンテージショップで働いていた経験をいかし、ヴィンテージの生地やほかのブランドが使用した残布等、不要になった生地を再構築して、彼のオリジナリティを存分に生かしたコレクションを展開しています。

毎シーズン数型のみの小さなコレクションで、数量を多く生産できないことから大きなオーダーは受けないという拘りを持ったブランド。

自分自身のクリエイションに拘りをもっているからこそ、自分が管理できる範囲の製品しか作らないデザイナーの姿勢は芸術家であり、職人そのもの。

もちろん生産は現地アメリカで行われています。

今年の夏に展示会に行ったとき、なんの看板もない日本で言う雑居ビルみたいなところに呼ばれ、ぶっちゃけ少し怖かったことを覚えてます。笑
お世辞にも清潔とは言えない、独特な風貌のTyはビジネスでコンタクトを取らなければ絶対会うことのない人種だなと。笑

しかも何の装飾もない部屋(むしろボロボロの部屋)に洋服がつるされているだけ。

そんな展示会今までありませんでしたね。ただ、その洋服から放たれるパワーというか、なんとも言えない不思議な魅力は、飾られて華美な装飾が施された展示会会場でみるしょうもない服なんかよりも何百倍も美しくみました。

彼はデザイナーというよりアーティストに近い気がします。
そんな彼の作品を取り扱い出来ることをとても光栄に思っています。

それでは入荷商品をご覧ください。

cut off jacket 53,000YEN(EX-TAX)

その名の通り、ウエスト部分からカットオフされたジャケット。
ゆったりとした身幅に対して、短くとられた着丈のバランスが絶妙です。







カラーはブラック、グレー、カーキの3色展開。

合わせて同素材のパンツをご紹介。上の画像でスタッフ牧野が着用しているパンツです。

patch trousers 44,000YEN(EX-TAX)

切り替えが特徴的なパンツ。ジャケット同様、着用画像のカーキのほかにブラック、グレーのカラー展開です。


こちらがグレー。

カーキとグレーは切り替え部分のカラーが異なり、ブラックのみ同色での切り替えとなります。

シルエットはやや股上深めのテーパードシルエット。ジャケットと合わせた時のバランスを考えたシルエットになっています。

最後はこちら。

tiger parka 40,000YEN8EX-TAX)

名前のようにトラ的な柄ですが、カモフラっぽくも見える不思議な柄。
やや厚手のカットソー地で3シーズン着用可能。こちらも大き目シルエットです。


1枚でもジャケットの中でもしっかり主張があるのがいいです。

語れるところはいっぱいあるけど、それを飛び越えて視覚的に魅力を感じる。そんな数少ないブランドなんじゃないかなと思います。

是非店頭でご覧ください。

MAIDENS SHOP 平沢


MAIDEN COMPANY Ltd. Powered by Blogger.