NEW ARRIVAL "WILLIAM LENNON"
3/22/2017

NEW ARRIVAL "WILLIAM LENNON"


こんばんは。田中です。

英国より「William Lennon(ウィリアムレノン)」のワークブーツが入荷致しました。

今週末のイベント前に、取り急ぎご紹介させていただきます。

まずはブランド説明からご覧ください。









【William Lennon(ウィリアムレノン)】
1899年に、イギリス中部のピークディストリクトと呼ばれる丘凌地の小さな村で創業した老舗ブーツメーカー。
もともとは創業当時に盛んだった採石業の石切り場に従事する労働者のためにブーツを作り出したのが始まりです。
1904年以来、4代目に渡り継がれているWilliam Lennon のブーツは、マンチェスター郊外のピークディストリクトにある工房で現在も当時の製法で作り続けられています。
大戦時には英国軍にワークブーツを供給していたという、歴史のあるシューメーカーです。







もっとも特徴的なのは、その製法にあります。

インソールとアウトソールの間にアッパーを挟み込んで縫い上げ、British United Shoe Machinery社が製造した、「ラピッドスクリューマシン」と呼ばれる靴用ミシンで、真鍮製のスタッズ(釘)を靴底に打ち込みます。

この製法はネイルダウン製法と呼ばれるもので、通常のグッドイヤーウェルト製法と比べても、防水性・耐久性がグンと向上するのです。

現在、その「ラピッドスクリューマシン」は世界で4台しか存在せず、その内の2台をWilliam Lennonが所有しているという大変貴重なシューメーカーとなっています。





生産工程は8人の優れた職人による「ベンチメイド」。そのため年間生産数がとても少なく、希少な存在です。

以前にもお話がありましたが、「ベンチメイド」とは単なるハンドメイドによるクラフト
ではなく、作業工程のすべてを職人一人が執り行うこと。

英国ならではのクラフトマンシップを誇るワークブーツメーカーとも言えるでしょう。


入荷品番は1アイテムのみとなりますが、この1足で「William Lennon」の空気感を感じていただけるかと思います。


FIELD BOOTS (Natural) / 69,000YEN (EX-TAX)

FIELD BOOTS (BKLAK) / 69,000YEN (EX-TAX)


「TENDER Co.」を思う浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それもそのはず。「William Lennon」は、「TENDER Co.」のブーツの生産を請け負っていました。

残念ながら、しばらくコレクションから無くなってしまいましたが。







アッパーには厚みのある頑丈なカウハイドレザーを使用。

ナチュラルカラーはヌメ革で仕立てていますので、パキっとした経年変化を味わっていただけます。革質を見る限り、アメ色の出方が楽しみで仕方のない模様。

インソールには通気性の良い英国ノーザンプトン製、ベジタブルタンニングのラティゴレザーを使用しています。





ぼてっとしたトゥ部分(つま先)の反り返りが特徴的。

これはもちろん歩きやすくするために採用されたディテールで、「William Lennon」のコダワリのひとつです。

トリプルソールを採用しているため、履いている内に馴染んで反り返ってくる。なんてことは、まず考えられませしね。








細かなディテールは、当店仕様でオーダーしております。

例えば、外羽部分にブラスのリベット留め、アイレットもブラスにしました。

ソールはハーフラバー仕様にしましたので、雨の日でも安心。

デイリーユースに扱ってもらいたいワークブーツです。





昔ながらの「ベンチメイド」で生産されているため、スレや小傷、接着剤跡などが稀にあったりしますが、ハンドメイドのワークブーツの味として捉えていただければ、むしろ愛着が湧いてくると思います。

非常に頑丈な作りなので、ガシガシ履けてしまいます。

「William Lennon」を見てると、急にワークブーツが気分になってくるのは、僕だけでしょうか?(笑)





今週末より「TENDER Co.」のポップアップが始まりますので、併せてお試ししてみて下さい。相性の良さはお墨付きです。

実際に履くと、質実剛健な作りを肌で感じてもらえると思います。

流行り廃りのないアイテムだからこそ、見極めて選びたいところです。

それでは、皆さまのご来店をお待ちしております。

ONLINE STORE に掲載しております。


MAIDENS SHOP 田中







【TENDER Co. POP-UP STORE @MAIDENS SHOP】
・開催日時
2017年3月25(土)~4月2日(日) 12:00~20:00
・場所
MAIDENS SHOP
東京都渋谷区神宮前2-19-12 1F
03-5410-6686

【TENDER Co.(テンダー)】 DESIGNER:William Krol
EVISジーンズのヨーロッパライン、ユーロヱビスジーンズ(EURO EVISU)にてデザイナーを務め、その後イギリスのサヴィル・ロウ(Savile Row)でテーラリングの技術を、岡山県児島でデニムの生産を学びました。
現在はイギリスの服飾学校セントラル・マーチンズでデニムの授業で講師も務めています。
パターンはデザイナーのWilliam氏が自ら引いており、縫製はイギリス、染色はフランスとイギリスにて行われています。


イベント期間中は17SSの新作を始め、定番のデニムパンツ、過去のアーカイブ商品など通常では取り扱いのない商品も展開致します。

期間限定の特別なイベントとなりますので、この機会にぜひご来店ください。
MAIDEN COMPANY Ltd. Powered by Blogger.