NEW ARRIVAL “DEATH TO TENNIS”
2/20/2016

NEW ARRIVAL “DEATH TO TENNIS”

本日は今シーズンより新たに展開を始めるNY発のブランド『Death to Tennis』のご紹介です。



【Death to Tennis】
2011年からスタートしたDeath to Tennisは共通の感性をもったイギリス出身のWilliam WatsonとVincent Oshinの二人がニューヨークで出会い立ち上げたブランド。
クラシックでコンテンポラリーなメンズウェアラインであると同時にユニークさ、そして”長く使い続けることができる”という高品質な点に重きをおいています。

まだ日本での取り扱いは少ないブランドですが、本国オープニングセレモニーやC'H'C'Mなどアメリカの名立たるセレクトショップで展開されている注目のブランドです。


まずは今シーズンのルックから数カットご覧ください。







続いて入荷アイテムをご覧ください。

THE HURST (FRONT) / 55,000YEN(EX-TAX)
THE HURST (BACK)
THE MANCHESTER / 43,000YEN(EX-TAX)
THE FINBAR / 37,000YEN(EX-TAX) 
THE KESS (WHITE) / 29,000YEN(EX-TAX)
THE KESS (NAVY) / 29,000YEN(EX-TAX)
THE KEEGAN (OFF WHITE) / 13,800YEN(EX-TAX)
THE KEEGAN (NAVY) / 13,800YEN(EX-TAX)
THE POPEYE / 26,000YEN(EX-TAX)
THE BLOKE / 32,000YEN(EX-TAX)
ストリート、モード、ミリタリー、クラシックを融合したかのようなデザイン、シルエット、素材使いが絶妙なバランスです。

アイテム単体で見ると、ストリートやモードの色が強いように映るかもしれませんが、合せるアイテムによって雰囲気も全く変わってきます。
敢えてオーセンティックなアイテムと合わせて素材感やシルエットを楽しむのも良さそうです。

一見シンプルですが一度袖を通して頂くと作りや素材の良さが伝わるかと思います。

どのアイテムも少量入荷ですので、是非お早目にお試しください。



MAIDENS SHOP 牧野
MAIDEN COMPANY Ltd. Powered by Blogger.