NEW ARRIVAL -NIGEL CABOURN "MALLORY CLASSIC"-
11/25/2015

NEW ARRIVAL -NIGEL CABOURN "MALLORY CLASSIC"-

“INDIVIDUALIZED SHIRTS TRUNK SHOW ”本日を持って無事イベント終了となりました。
期間中はたくさんのご来店誠にありがとうございました。

ここ最近はトランクショーという事もありインディビのご紹介が続いておりましたので、本日は寒くなってきた今の時期にぴったりなジャケットをご紹介させて頂きます。

MALLORY CLASSIC / 87,000YEN(EX-TAX)


ナイジェルケーボンから定番でリリースされている、マロリージャケットです。

このジャケットはイギリス人登山家ジョージ・マロリーが当時前人未踏のエベレストに挑んだ際に纏ったジャケットを現代に蘇らせたモデルです。
「なぜ、あなたはエベレストに登りたいのか?」と問われて「そこにエベレストがあるから(Because it's there. )」と答えたという逸話で有名な、ジョージ・マロリーです。

当時の記録から、マロリーはウールのセーターの上にツイードのジャケットを羽織り、足にゲートルを巻いただけの格好でエベレストに挑んだそうです。
当時の基準からしても8,000メートル超えの山に登るには、これはかなりの軽装だったそうです。

ジョージ・マロリーは山頂付近で遭難してしまい、エベレスト登頂とはなりませんでした。
本当にこの格好で登ったのかは定かではありませんが、登山の際はあまりオススメはできないでしょう。




さて、一見クラシックな3つボタンのデザインですが襟を立てラペルを閉じることで、保温性を確保することができます。また、喉元には独立したストラップが付いており、首元までしっかりと閉じることが可能となっています。

保温性に優れたハリスツイードのウールと英国製ベンタイルコットンを使っており、都会においての使用には充分なスペックを兼ね備えています。

リュックサックを背負う肩や、酷使される肘部分にベンタイツコットンが当てられており摩擦に弱いウールの劣化を防ぐ役割を果たしています。

また、すべてのポケットにはフラップがセットされポケットからの物の落下を防いでいます。

高機能素材で作られた近代的な登山ウェアとは対極の空気感を纏うガーメントではないでしょうか。



ミリタリーチノとの合わせですが、高級感あるツイード素材が大人な雰囲気です。

是非店頭にてお試し下さい。


MAIDENS SHOP
牧野
MAIDEN COMPANY Ltd. Powered by Blogger.