New Arrival “221Village”
10/29/2014

New Arrival “221Village”

そういえば、先日お休みの日にフリーマーケットに出店側で参加してきました。

10月末とはいえ、照りつける日差しに負け9時30分からの飲酒。

もう気持ち良いのなんのって昼間から泥酔。

薄れゆく記憶と友の声。

日曜の昼下がりから身も心も朽ち果てていく感覚。

これぞ極上の休日。

夕方には帰宅しお昼寝。

そして夜からまた飲みに行くというまさに贅沢の極み。

早朝お酒空港発、お眠り経由、泥酔行きの浪漫飛行。

夜のフライト(飲酒)を終え、ベッドに着地したころには僕の機体(身体)オーバーヒート寸前。

さて、この話しは着陸できそうにないので本題へ行きます。

今日は今シーズンよりスタートした新しいブランド“221Village”の商品をご紹介です。

まずはブランドについて。

221Village

2014Winter Collectionからのブランドスタート

Conceptはベーシックで自然体に見えて何かひねりのきいたもの
シーズンごとにテーマや素材や技術にフォーカスするブランド。

2014年 Winter Collectionは北欧、SWEDENのバルト海に
に浮く島、別名“バラと廃墟の島”と呼ばれるGOTLAND島に生息する羊、
Gotland Sheepのウールを使用したウエアを作りました。

Gotland Sheepの特徴は、シルクのように光沢があり、クリクリにカールし、天然の美しいグレーのグラデーションが特徴です。
北欧では子供が生まれるとGotlandSheepの毛皮をプレゼントするそうです。
ホテルの部屋や自宅のリビングやベッドルームなどでも使われており、人々の生活の中に
溶け込んでいます。

今回の221Villageでは、このGotlandSheepの毛を使用して織られたブランケットでリラックスしたフィットのコートを作りました。
街着としてはもちろん、自宅でくつろぐときのガウンやひざ掛けの代わりにもなるように
余分な付属や裏地などを極力排除し、包み込まれる間隔を大切にしたデザインにしています。


“Single Coat” 46,000yen(ex-tax)

“Double Coat” 46,000yen(ex-tax)

軽くて暖かいブランケットを身に纏っている感覚は、極上の一言。

羊の毛本来の色を使用した配色もとても美しいです。

ブランケットのフリンジ部分が良いアクセントになっています。

ややゆったり目のサイズ感ですので、デニムジャケットやレザージャケットの上に羽織って

頂くコーディネートもおすすめです。

こちらのダブルタイプはカタログでも使用させて頂きました。



モノトーンでの配色なので、見た目以上に着やすく、そして主役になるアイテムです。

気になる方は是非店頭でお試しください。


平沢

MAIDEN COMPANY Ltd. Powered by Blogger.